いつかは来る

すべての建物にはいつか終わりが来ます。
歴史的な建造物でもない限り、確実にいつかは取り壊されるのが、建物の運命なのです。

人間の寿命と同じように、建物は使えば使うほど、耐久性が弱くなり、度重る気象の変化や自然の環境んほ変化、または道路拡張などの公共事業によって、建物を解体する日がいつかはやってくるのです。
建物の解体を行うには、解体工事の専門業者が必要になります。

グリーンシートで覆われた建物

建てた先には解体がある

建物の耐久性や寿命によって、つかう事ができなくなった建物はすべて解体工事によって、すべたがバラされ、元の更地へと戻されるのです。
建物は建てるときももちろん大変ですが、それと同じくらい、解体も大変な作業です。

解体工事は、建物を検察した時のルールに従って、工事写真などを見ながら、工事を進めて行きます。
納期を守らないと赤字となりますし、会社としての認知に関わってきますので、的確かつスピーディーな解体工事が必要不可欠なのです。

ブルドーザー

解体工事の真実

工事と言われれば、公共事業や、ビルや一戸建ての工事が一般的ですが、解体工事もそれと同じくらい大切な工事の一つなのです。
今回は普段あまり、日の目を浴びる事がない、解体工事について、皆様に詳しくご紹介させて頂たいと思います。

一輪の花